2005年08月29日

視覚の暴力

高校時代、貧乏で夏服が買えず(!)
1年中冬服で過ごすこと3年…
夏は常にサウナ状態でしたが痩せませんでした。

しかしどういう時代に生きてたら制服が買えない貧乏になるのか…
現代人としてあるまじき貧困さについては
今もって不思議ではあります。
現在も貧乏ですが、夏服ぐらいはたぶん買えます。


ところでそんな貧乏ですが、
犬がたくさんいるのでクーラーは常に全力です。
それなのに追いつかないぐらい、私の部屋は暑いです。

貧乏で部屋にカーテンが買えないせいですけれども。

デブネタもストック多いですが、
実は貧乏ネタのほうがストック多いです。

PCが2台稼動する部屋で、夏の日差し直撃。
カーテンらしきものは謎の布切れ(極薄)のみ。
クーラーはフル稼働ながら、とにかく暑い。

どうせ家には犬しかいないし…と、
キャミソールに短パンでゴリゴリ勉強していたところ


ぴんぽーん


と、玄関インターフォンの音が。
インターフォンを見ると、Amazonの荷物を持った宅配員の姿。

もう大ピンチ。

家には私しかおらず、
デブな手足を全開にした格好で、
邪魔な前髪を手近にあった犬のゴムで留めてあって、
しかも一体誰の荷物か知らないが、
財布にある現金2千円で事足りる代引きなのかも不明。

キャミだろうが短パンだろうが、
スタイルが普通の女性ならば宅配便ぐらいなら出れるでしょうが。



なんせデブですから。



恥ずかしいっていうかそういうことじゃなくて
とりあえず失礼ですよ相手に。暴力に値しますよ。
しかも犬と髪型おそろいですよ。
馬鹿丸出しですよ。切なすぎますよ。

宅配員さんにとって
デブに視覚的攻撃を与えられるのと、
再配達の手間を与えられるのと、
どちらがよりマシなのかはわかりませんが


緊急・要ダイエット

無視決定です。


例え昼間なのに電気が煌々とついていて、
コンポから大音量でLUNA SEAが鳴り響いていて、
電気メーターがぐるんぐるん回っていようと、
留守なものは留守なのです。
換気扇全開で豚の角煮の香りが漏れていようと、
犬が走り回る音が響こうと、
誰も居ないと言ったら居ないのです。

宅配のおじさんも5分近くねばっていました。
もうね、バレバレにも程があると。
居留守もこうなればいっそ潔い。

変な格好するのはやめることにしました。




レノマレースアップホット(ショート)パンツ100サイズ【安カワ服・通販】
悪夢の短パン。
足のキレイな人が履いてると素晴らしいけどね…。


Hollister Co. - Desert Springs Babydoll 色・サイズ Brown - S【ホリスターのキャミソール】
ホリスターのキャミ。
もうめっちゃ可愛い。ちょっと高いけど…


CX-CD375 ミニコンポシステム【Cobyのミニコンポ】
Coby社のコンポ。
安くてデザインも好き好き!お気に入り。


余談ですが…
昔、具合が悪くて眠っていたところ
玄関チャイムと共に、宅配便でーす!とオッサンの声。
パジャマだし、しんどいし、出なくていいや…と思ったら
玄関開けられたことがあります。
開けんなよオヤジ!ってかカギ閉めて出かけろよ家族!
玄関直結で居間が見えたので、
私は布団から這い出す段階からオッサンに見られる羽目に。
なかなかに最悪でした。
posted by ぴかこ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。