2005年07月25日

デブが痩せた思い出。

夏がくれば…思い出してしまう。
永遠のダイエッターではありますが、
過去1度人並みの肉になったことがあります。

●年前の夏、専門学生だった私は、
前期授業の単位が全てかかった合評会を控えていました。
しかも98%失敗状態の崖っぷち。
3人1組のチームでプレゼンだったのですが

1日中を手に持ってるアル中男。
マニアック一直線、話す言葉の半分が理解不能ひきこもり男。
態度の悪いデブ女。(私)

ガッカリすぎるこんなメンツ。

私の勉強していた分野は、当時
「女に出来る仕事じゃねェ」といわれる職種で、女=キワもの。
つまり、カスの集まり感満載なメンバー。
しかしながら「しょせん女は…」といわれるのが癪で、
クラスでたった1人提出物100%を維持していた私。
ぐうたらで馬鹿な私にこれはかなり限界ギリギリ。

これで単位取れなかったら死ねる。

アル中魔王とひきこもり星人に、必死に電話するが、
授業中も放課後も毎日ひとりぼっち。
キャッキャ騒ぎながら作品を練り上げていく他チームを横目に、
1人でノートに棒人間を書いてチームメイトを待つ私。
(かわいそうな光景…!)
もちろん待ってたって来やしない。

心労かさんで5キロ減。
プレゼン作品も仕上がらなくて、連日徹夜。
肉体疲労で5キロ減。
合計10キロちょい減。

こんなことでしか痩せられないようです。

プレゼンが結局どうなったかというと…
当日ギリギリまで作品を仕上げていた私が
よろよろと学校に行くため外に出ると

0725.gif

最早自分たちの発表順に間に合うかどうかという時間なのに。
カサさして、駅までチャリ30分の道のりを40分かかって走る。
ずぶぬれのまま電車。
台風一過で晴れ晴れとした空の下、学校まで走りぬけ、
化粧も台風に飛ばされた顔でかけつけた私の目に入ったのは、

チューハイ飲んでるチームメイトが
私に手を振っている姿でした…

がたがたでしたよ。ハイハイ。
プレゼンなんてもちろん出来るわけありませんよ。
かろうじて単位をもらえた程度でしたよ!
チーム崩壊しなかったのが不思議でしたよ!

あまりの怒りに直後からお菓子食いまくって、
1ヶ月ぐらいで元の体重に戻りましたよ!
posted by ぴかこ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。